ページ

2012/08/26

ふんわり/ベサン粉を使った塩味パンケーキ







使った粉を間違えていることに、後から気づきました。
ひよこ豆の粉、ベサン粉を使っていたということに。。。!



梅さんのジンジャーブレッドパンケーキの写真を見ていて思い出した。

この間、似たようで似ていないものを作ったことを。

小麦粉 ベサン粉に、山芋を摩って混ぜたら、
びっくりなことに、卵を入れていないのに、
ふわふわなものができた。

でもこれは、余りに私らしいのだけれど、
事前にフライパンで長ネギを炒めて、
そこへ柚胡椒+塩味の種を流し込んでいるから、
ホットケーキではなく、お好み焼きでもなく、
ジャパニーズ オニオン パンケーキとでも申しましょうか?

(大阪のお好み焼きに、山芋をプラスするのは知っているのだけど、
 これは卵なしなのに、ふわふわに膨らんだ・・・)


これの甘いバージョンは、まだ作っていないけれど、
きっと美味しいと思う。



あとから補足
なんと私が気づかなかっただけで、
すでにアレルギーの人の卵代用品として、米粉と混ぜて使われているんですね。
(固くならないように)

前から、インド人に習った卵焼きみたいなのは、ベサン粉で作っていました。

これとか美味しいです。




こちらのコメント欄にいろいろと書いてありました。












4 件のコメント:

Ekaterina Trayt さんのコメント...

美味しいそう!ロシアではパンケーキもたくさん食べます。 bliniはロシア語名前です。

梅*(Ume*) さんのコメント...

ジャパニーズオニオンパンケーキ!
おいしそ~~。
アクシデントとはいえベサン粉だったのふわふわに貢献したんでしょうか、もしかして?

mimiromi さんのコメント...

Ekaterina Trayt さん

今度はぜひ、ロシアのパンケーキの写真を、見せてくださいね〜!

mimiromi さんのコメント...

梅さん、

多分ベサン粉だったから、
ふわふわしたんだと思います。
お料理ってほんと、偶然が面白いですよね〜?