ページ

2011/11/18

ドビッシーの小曲集3 メヌエット/ピアノとチェロ





普通ピアノの連弾で聴く事のある曲ですが、
この組み合わせも素敵。


映画Becoming Jane の中の曲によく似てて、
同じ曲かと思っていましたけど、
違ってました。






すみません、なんだか不調のため、部屋で音楽を聴く、こんな生活しています。



2 件のコメント:

梅*(Ume*) さんのコメント...

mimiromiさん、おかげんいかがですか?
外は寒いことでしょうし、体が弱っているうちはお部屋でゆっくり過ごすのが一番ですよね。

Becoming Jane見たんですね。
どうでしたか?
時代物が好きだしアン・ハサウェイもなかなかいい女優さんなので気になります。

mimiromi さんのコメント...

梅さん、ありがとうございます。(^ ^*)

Becoming Janeは、結末が切ないお話でした。

実話ではないけれど、実際にあったエピソードが、
元になっているらしいですね。

今では、王子様が一般庶民と結婚出来ちゃうくらい、
オープンな英国階級社会ですけど、
当時は、ああいう選択しか出来なかったですよね。
(周りの判断は適切でした)

イギリス人の大好きな、オースティンが主人公で。
アメリカ人のアン・ハサウェイが、
オースティンを演じる事に、
英国では賛否両論があったと、聞いています。
日本人の私には分からないのですけど、
アメリカ英語なんですかね?
(アンもかなり頑張ったらしいですけど)

映像が美しく、音楽も素晴らしく、
地味な映画でしたけど、心に残る映画でした。

私も、アン・ハサウェイとジェームス・マッカヴォイが良いなと思って、見ました。