ページ

2013/03/27

国立、花見散歩










こんなふうに、道が住宅街へと延びているのが、国立の美しい所以。

しかし桜には、ほんとうに、青空が似合う。

この日はなんとなく、すっきりしないお天気で、青空はぼんやりとしている。

昨年には、こんなに美しい空を見上げたのにな〜。







6 件のコメント:

zingo de mopsje さんのコメント...

1年前の桜との対比というのも面白いですね。

桜だとどうしても花がメインになりがちだけど、普段の生活の中の桜をスクエアに切り取った感じが良いです。


Red Rose. さんのコメント...

この国立も素敵ですね。花壇の縁に座ってる男性、自転車の人、歩いてる人、洗練された国立の町、そして庶民的な人々の生活ぶりがほのぼのと伝わってきます。このお店は八百屋さん?
Redrose

mimiromi さんのコメント...

zingo de mopsje さん

(^ ^) ありがとうございます。

昨年は、インド帰りだったのもあって、
桜の木の生命力みたいなのが、気になって、
それを写していたのですが、
今年は、桜の周りにいる人たちに目が行ったみたいです。

でも、その場にいるときには、そんなこと考えず、
帰ってきて、こうしてブログに載せて始めて、そのことに気づきました。

ほんと面白いですよね。

mimiromi さんのコメント...

Red Rose. さん

何でか私、
東海道中膝栗毛みたいな、人の動きが好きみたいです(笑)。

一杯こまごまと、それぞれが勝手な事して動いているのが面白くて。

お店は、確か、雑貨屋さんみたいな、
古着屋さん見たな、骨董品やさんみたいな、
よく見なかったのですが、確か、そんな感じでした。
(でも、違っているかも〜〜〜)

bonkley さんのコメント...

いい写真ですね。
待ちわびていた春の到来を喜んでいるような
そんな感じを受けます。

mimiromi さんのコメント...

bonkley さん

ありがとうございます (^ ^)

みんな、春が待ち遠しかったのですよね。

今夜もまだ、満開の夜空の下で、
皆がうきうきと楽しそうに歩いていました。

希望溢れる春の到来ですね。