ページ

2012/05/14

なんじゃもんじゃ



我が実家がこの沿線に移り住んで(私は途中、あちこちに住んだけど)30年。


「なんじゃもんじゃが咲いてるんですって」

という母と共に、初めて『東京都薬用植物園』へと脚を運んでみました。
芥子の花で有名な植物園です。



縁のちょっと奥に、そんな大きくはなかったですが、
なんじゃもんじゃの木が見えました。







遠くから見ると栗の花が咲いているように見えるのですが、
これは、栗とは違って、
柔らかい香りがほんのりします。

花びらは母曰く、ちゃんと5弁だそうです。







ヒトツバタゴ(Chionanths retusus)

日本では絶滅の危機に瀕しているそうで、
ネットでは、岐阜県恵那市近郊の木曽川流や、
木曽三川公園で咲いている写真を見付けました。









2 件のコメント:

梅*(Ume*) さんのコメント...

かわいい花ですねー。

薬用植物園ということは、なんじゃもんじゃも何か効能があるのでしょうか?

なんだか見たことあるなと思ったら、そうだ、栗の花に似てるんですね。
ちょっとノスタルジックな気分に・・・

mimiromi さんのコメント...

梅さん、こんばんは〜。

お久しぶりです (^ ^)。


調べてみたのですが、薬効はないみたいです。


この植物園、
なぜだか、絶滅の危機品種が植わっていたので、
そちらのカテゴリーで植わっていたんだと思います。


毒性のものもいっぱいありました〜〜(苦笑)。


また少ししたら、写真を追加しますね。